Larutan
 

News & Information

食べ物を選ぶ理由

2017年02月27日

You are what you eat! ということわざがあります。直訳すると「あなたはあなたが食べる物である」ということになります。これは日本語でも同じようなことわざがあります。「健康は食にあり」ということわざです。

 
私たちは断食や他な理由がない限り、間違いなく毎日食べています。そのため、身体に最も影響を与えるのは食生活になります。何を食べるのかは個人の自由?????
 実はこの「個人の自由」に問題があるのだと思います。自分の意思で選んでいるように思っているだろうが、真実は違います。子供の頃から与えられた食べ物を食べているに過ぎない。赤ちゃんの頃や子供の頃はしょうがないところもありますが、自分で何を食べたいかを選ぶようになってからは世間から選ばされている。あらゆるメディアで見せられる食べ物をいかに自分で選んでいるかのように思わせながら選ばされているのです。テレビをつければ食べ物の番組やCMばかりです。新聞も雑誌も食べ物の話題やお店の広告ばかりです。いつもいつも食べ物の話題ばかりです。
 食べ物の話題ばかりというのは、現代のように偏っていなかったらさほど問題でもなかったかもしれませんが、現実的にはすごく偏っています。そのことに気づかなければ本当に選んだということにはなりません。そして「あなたはあなたが食べるものである」としたら、選ばされた食べ物を食べているあなたは一体??
 このことと現代人が健康問題に悩まされていることを合わせて考えてみれば一つの答えが浮かんでくるでしょう。