Larutan
 

News & Information

タンパク質をどう取る

2017年07月22日

人間の体をさせるには筋肉が必要です。勿論、筋肉以外にも骨格や神経などもとても重要です。
 でも、運動に関しては筋肉が絶対に不可欠です。心臓も血管も筋肉であることを忘れてはならない。
 この筋肉を維持するためには食事からタンパク質を摂ることが大事になります。
 タンパク質と言えば真っ先に肉を思い浮かべると思いますが、実は動物性食品から得られるタンパク質は品質がよくないのです。

 
動物性食品から摂食するタンパク質はリサイクル品なのです。何故ならオリジナルは植物にしかできないからです。
 ですから、最高の品質のタンパク質を摂食しようと思ったら植物性食品を摂ることが一番なんなのです。必須アミノ酸を含めて、必要なものは全て植物性食品から摂ることができます。
 例えば、玄米と豆類を食べると必要な栄養素はほとんどとれます。つまり、世間で言うように動物性食品は摂る必要がないのです。
 私たちの体の筋肉は植物性食品から撮ったタンパク質で作られた方が高い品質でできます。クオリティーがよければ病気にもなりにくくなります。

 日本食で言えば納豆や味噌、豆腐、高野豆腐、醤油などの伝統食品が最高です。

 筋力を高めたいと思ったら、良いタンパク質と適量の運動が一番良いのです。
 植物性食品から体内へ入ってくる老廃物質も少ないし、臓器への負担も軽い。予防もできますし、治療へも応用できます。さらに良い形で撮りたいのなら無双原理で体質を診断し、体質にあった食べ物を体質にあっている食べ方で摂るのがおすすめです。