Larutan
 

News & Information

アトピー性皮膚炎

2017年06月28日

近年、アトピー性皮膚炎患者が増えているように思います。しかも、生まれてすぐにアトピーを発症する赤ちゃんが思っている以上に多い。何の罪もない赤ちゃんがアトピーで苦しんでいるのを見ると心が痛む。
 なぜ、アトピーが増えて来ているのでしょう?

 
現代人はとてつもない大きな鳥かごに入れられて、餌を与えられ、生き方を躾けられているのかもしれない。この飼い方は長い時を得て作られてこられたため簡単には気づけない。でも、気づけば簡単に出ることができます。なぜならこの鳥かごは物理的な壁を持っていないからです。
 壁がないのに、どうして出ていかないの?
 簡単いいうとこの鳥かご「システム」を安全と勘違いしているからです。つまり、不安や恐怖で支配されているのです。また、このシステムの中に幸せを感じている人もいる。
 鳥かごから出て行くということは、ある意味、知らない世界に踏み込むということになります。与えられたものではなく、自分で手に入れないといけないようになる。問題は、生まれてからずっと与えられて来た暮らしに慣れすぎてどうやって何かを手に入れるのかが全く分からないということ。だから不安になるし、外の世界が恐ろしく思ってしまいます。

 このシステムに生きていることがほとんどの現代病の原因です。アトピーもその一つ。だから、アトピーを治すにはこのシステムから抜け出さなければならない。それか直すのを諦めてこのシステムの中で騙し続ける。

 だから、私は思うのです。今、気づいた人々に必要なのは、この鳥かごの外へ掘り出された「養生医学」が必要なのです。