Larutan
 

News & Information

手当て法の魅力

2017年02月21日

「手当て法」というと結構多くの人が宗教的な「手かざし」と勘違いします。私もすっごく勘違いしている多くの人々にあってきました。中には思い込みが激しく全くこちらの説明を聞いてくれない方もいました。
 しかし、養生医学の手当て法は立派な治療法です。

 
子供の頃に体験したことはありませんか?お腹が痛くなったら親がお腹に手を当ててくれて痛みが治る。子供を持っている方なら、もしかしたら子供に手当てをしているかもしれません。
 他にも沢山の手当て法があります。でも、現代では、西洋医学の発展によりそのほとんどが伝統しなくなりました。非常にもったいないと思います。
 手当て法を知っていると困った時に身近にあるもので対応できますし、大半の病気はそれで治ります。また、薬品ではコントロールが難しいのに手当て法でコントロールすることができたりもします。それだけ手当て法は素晴らしいのです。しかし、手当て法は手間暇がかかりますし、本人や家族の理解と努力が必要になります。薬品と違って効き目が出るまでにも時間がかかったりもしますし、長くやり続けないといけないこともあります。でも、身体は確実に健康に向かいますので無視はできないと考えています。
 私もすごい経験をさせていただいています。インフルエンザが1日で治ったり、糖尿病患者の血糖値が一週間で正常に戻ったり、高血圧が手当て法を実践すると正常値になるが辞めるとまた上がることも経験しました。それだけではありません、ガンを克服した患者さんも何人もいます。
 手当て法の効果を確実にするためには体質を診断することが大事です。自分の体質にあっていない手当て法を頑張っても効果は出ないからです。さらに、確率を高めるためには病気や症状の「質」の診断が重要になります。診断がもっとも重要な第一歩ということです。
 病気で困っている方がいましたら是非、手当て法を取り入れてみてください。おすすめです。