私は朝食抜きです

2018年10月22日

朝食は1日で最も大切な食事とよく聞きます。
 学校でも子供が朝ごはんちゃんと食べていますか?とよく言われるそうです。
 しかし、必ずしも本当とは言えない。

 
 実は断続的な絶食が健康に良いのです。
 私たちの胃と腸も1日の半分は新たに食べ物が入ってこない方が元気になり、健康的に働くことができるのです。
 さらに、空腹時間を長くすることで腸内細菌も元気になりますし、新陳代謝もよくなるし、自律神経もバランスが良くなるし、ホルモンバランスも良くなります。勿論、免疫機構も強くなります。
 さらに言うと朝食を抜くだけで食べ過ぎ予防にもなるので肥満対策にもなります。
 一般的に朝食摂らないことは体に良くないと言われていますが、長年朝食抜きの生活を送ってきてそんなことないとはっきり言えます。
 我が家では3人の子供たちも朝食抜きな食生活をしています。学校の成績、集中力、体力、精神力、成長、全てにおいて問題は一つもない。どちらかと言うと平均よりいい。
 今まで多くの患者さんに食養生の指導を行ってきた。皆さんに病気を治すには朝食抜きがいいと説明し、朝食抜きの生活を始めてもらっています。その結果、免疫力が高まり、健康が改善しています。
 全ての人に朝食抜きがいいとは思いませんが、多くの人には朝食抜きの方がいいでしょう。
 ですから、自分にとって本当に必要か否かを考え、判断するといいでしょう。